税理士 福本の独りごと

仕事中に疑問に思ったこと、調べたこと、考えたこと、たまに告知もするブログ

配偶者控除がなくなる!?

来年度の税制改正で「配偶者控除」がなくなる可能性があります。

配偶者控除は配偶者が専業主婦、又はパートで一定収入以下の場合に38万円の所得控除が受けられるものですが、これが廃止された場合にどれだけ増税になるのか試算してみました。

 

夫 年収500万円

妻 専業主婦

子ども なし(扶養親族なし)

夫の厚生年金と健康保険は毎月5万円

 

この条件だと、これまでは夫の所得税と住民税は合わせて約33万円です。

配偶者控除が廃止されると、合わせて約40万円になるので約7万円の増税になります。年収が多くなればなるほど増税額も大きくなります。

社会保険についても、平成28年10月から従業員が501人以上の会社で働くパート従業員についても加入が広がります。

具体的には一週間の所定労働時間が20時間以上で、ひと月の決まった賃金が88,000円以上が加入対象です。時給1,100円以上で週20時間以上働くと扶養から外れてしまいそうです。