税理士 福本の独りごと

仕事中に疑問に思ったこと、調べたこと、考えたこと、たまに告知もするブログ

税務調査をスムーズに終わらせる準備

税務署から税務調査の連絡があったらしっかりと準備することで、調査を早く終わらせることができます。
まずは税務調査の日程を税理士と調整しましょう。調査自体を断る事はできませんが、日程は変更できますので社長の都合に合わせて日程を組んでください。税務調査は普通2日~3日かけて行われますが、社長がずっと居る必要はありません。初日の午前中は、会社概要や取引先関係について調査官から質問がありますので社長が対応しますが、午後からは帳簿書類の確認になりますので、仕事に戻ってもらって構いません。

次に用意しておく書類に不備がないか確認します。
総勘定元帳、領収書、請求書、契約書、議事録、源泉徴収簿、申告書の控え、預金通帳を基本的には3年分用意します。
紛失しているものは取引先などから再発行してもらう方がいいですが、調査の時点で書類が全て揃っていなくても、後日提示できれば基本的には問題ないでしょう。
ただし関連会社や代表者等との取引で、グレーなものについては調査中に提示するのと後日提示するのでは調査官への心象が全然違ってきます。後から作ったでしょ?って事になりますよね。
こうしたものは事前に税理士と打ち合わせして、しっかりと理論武装・書類固めして調査時に説明することが重要です。

契約書や領収書の印紙にも注意してください。調査官が契約書を見るときは「印紙が貼ってあるかどうかを見ている」といって過言ではありません。貼り忘れがある場合は、通常の3倍の印紙代を払うことになりますので確実にチェックしておきましょう。

では、調査対応中の心構えをいくつか紹介します。
一つ 質問されそうな事は押さえておく。これが一番大事ですね。調査官はあらかじめ決算書の数字から違和感をもつ勘定科目に狙いをつけている事があります。個人や家族への支払いなども確実に質問してきますので、税理士と打ち合わせてしっかりと準備しておきましょう。
一つ 聞かれた事だけ答える。調査官から「ゴルフにはよく行かれるのですか?」と聞かれたら答えは「YES」か「NO」です。誰それと、どこそこに、よく行くなんて話しを広げる必要は全くありません。
一つ 記憶があいまいな事は後日回答。調査官からさまざまな質問がありますが、覚えてない事もあって当然です。そんなときは、不確かな答えはせず調べてから後で回答するようにしましょう。

税務調査の対応なら大阪/南森町の誰より相談しやすい税理士へ
fukumoto-zeirishi.com