税理士 福本の独りごと

仕事中に疑問に思ったこと、調べたこと、考えたこと、たまに告知もするブログ

中小企業経営強化法スタート

7月1日に「中小企業等経営強化法」が施行されました。企業が「経営力向上計画」を策定し、事業分野ごとの主務大臣から認定を受けると、新たに取得した機械装置にかかる固定資産税が3年間、2分の1に軽減されます。しかも申請書はたった2枚なので簡単に申請できそうです。

ただし、機械装置なら何でも良いわけではなく

①160万円以上であること

②生産性が1%向上すること

③販売開始から10年以内であること

⓸中古資産でないこと

などの要件が必要ですね。

さらに、申請を出す時期もポイントです。機械装置を購入した後、年末までに申請の認定を受けられなかった場合は来年の軽減措置がなくなり、減税措置が2年間になってしまいます。申請書の受理から認定まで最大30日を要するほか、申請先の相違や重度の不備があるときは差し戻しとなり申請書が受理されないケースもありえます。

また工業会が発行する証明書(生産性が1%以上高くなる証明)も必要ですが、これの発行にも最大2カ月ほどかかる事もあるらしいので余裕をもって手続きしたいところ。

間に合わなそうなら、機械装置の取得を来年に先送りすることも検討した方がいいですね。

 

経営強化法について詳しくはこちら

中小企業庁:経営サポート「経営強化法による支援」

 

fukumotozeirishi.hatenablog.com